【代表者コラムvol.139】『子ども心』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇おかもと通信-『子ども心』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

 先日からあるワークショップの準備をするなかで、小学生から大
学生までの自分を振り返ってみました。

 小学生の時に憧れていたのは「転校生」でした。小学3~4年生の
ときに初めて転校生を迎えました。

 その頃から引っ込み思案で人見知りな性格でしたが、なぜか転校
生には自ら積極的に声をかけて友達になっていました。

 勉強はそこそこでしたが一番ではなく、スポーツも普通。自分に
は特に秀でたものはないと思い始めていたのがその頃でした。

 これといったものがないのがコンプレックスだったため、自分に
ないものを持っている人に憧れていたのかもしれません。

 知らない土地から来た子の方言や習慣の違いを知ってワクワクし
ました。特に北海道から来た子とはカルチャーショックの連続でし
たが、親友と言えるような一番の仲良しになりました(今どんなオ
ジサンになってるのかな(笑))。

 自分の当たり前と思っていることは、他所では当たり前ではない
ことも学んだような気がします。
 
 現在でも人見知りなのですが、業界も全く異なる一度も会ったこ
とのない人でも、ブログを読んで面白い人だなと思ったら情報交換
しませんかと声をかけて会ってみたり、全く知らない人ばかりのセ
ミナーに行ってみたり、子どもの頃と変わらないようです。
 
 そういう行動を取った時は必ずと言っていいほど素晴らしい出会
いや経験につながっています。自分なりの「子ども心」をこれから
も大事にしていきたいとあらためて思いました。

 皆さんはどんな「子ども心」をお持ちですか?
  
             
(アール・キャリア・スタジオ代表 岡本 耕平)