【代表者コラムvol.141】『「本当の仕事」に力を注ぐために』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇おかもと通信-『「本当の仕事」に力を注ぐために』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

 先日「プロフェッショナル仕事の流儀」に取り上げられたばかり
の時の人、NPO法人スチューデント・サポート・フェイスの谷口仁史
さんのお話を直接伺うという貴重な機会をいただきました。

 谷口さんは私と同年代ですが、子ども・若者支援の分野では家庭へ
の訪問支援のパイオニア的な存在です。

 日ごろの取り組みを中心に、実践に基づいた非常に濃い話でした。

 昼夜問わず、支援に飛び回る谷口さん。誰にもまねできないスー
パーマンとして捉えられがちですが(確かにスーパーマンなのですが)、
その動きを実現できている秘訣は、ネットワークを含めた組織運営、
チーム運営にありました。

 「本当の仕事」に力を注ぐためにどうしたらいいかを常に考える
ことがそのまま組織づくりにつながっている、そんな印象でした。

 思えば私の周囲を見回して、個人で活躍できている人は等しく独自
のネットワークを構築して「見えない組織」を作り上げています。

 そして、ネットワークを構築するためには、自分を活かし相手も活
かす、がポイントのようです。この続きは次号にて。 
       
             
(アール・キャリア・スタジオ代表 岡本 耕平)