【本のご紹介 vo.125】『サーバントであれ ― 奉仕して導く、リーダーの生き方』

『サーバントであれ ― 奉仕して導く、リーダーの生き方』
ロバート・K・グリーンリーフ(著) 野津智子(翻訳)/英治出版

先日、グーグル社で実施された生産性向上プロジェクトにおいてある分析結
果に関する記事が発表されました。
※記事の詳細は下記を参照ください。
 『グーグルが突きとめた!社員の「生産性」を高める唯一の方法はこうだ』
(「現代ビジネス」より)
  ⇒ http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48137

 分析の結果、生産性の高いチームにはある特徴が見つかりました。それは
「他者への心遣いや同情、あるいは配慮や共感」といった安らかな雰囲気が
チーム内で自然と育まれているとのこと。

 では実際にどうしたらそのような雰囲気を組織内で作り出せるのでしょうか。
 その一つのヒントとなりそうなのが、本書で取り上げられている「サーバン
ト・リーダーシップ」という考え方です。

 サーバントとは奉仕という意味で、リーダーシップとは相反するような言葉
ですが、本当のリーダーシップとは従業員や顧客、コミュニティーを含めた他
者の役に立つことを最優先に考えるものだといいます。

 奉仕がしっかりできているかどうかは、奉仕を受けた人が成長し、その人自
らサーバントとして周囲のコミュニティーなどに自主的に働きかけるような変
化を遂げているかどうかで明らかになります。

 本書の内容は数十年前に書かれた小論を編集されたものですが、特定の人に
寄らず、「ビジョン」をリーダーにして、お互いが奉仕し合う組織づくりなど、
今の社会だからこそタイムリーな内容だと感じました。
 
 サーバントの考え方は、組織のなかで自立の輪の広がりを自然に作っていく
雰囲気づくりに重要な役割を果たしそうです。
 これからのリーダーシップのあり方を改めて考えさせられる一冊です。